松山大学生活協同組合
営業日程各種オーダーお問い合わせサイトマップ

松山大学生協について

  1. ホーム
  2. 松山大学生協について
  3. 電子マネー

学生証プリペイドカード

学生証はお財布

 松山大学の学生証はICカードで、ミールカード機能のほか、電子マネー機能 Pine(パイン)も使用できます。松山大学では大学と生協が共同で Pine による学内キャッシュレスサービスを実現しています。ご使用にあたっては、あらかじめお金を入れておく必要があります。現金のやり取りがなく、レジでの混雑が大幅に少なくなります。大学内で使用する費用として管理でき、安心です。

Pine(パイン)とは

 2012年松山大学生協電子マネー愛称募集にて採用された松大生が考えたネーミングです。 松山大学の「松=Pine(パイン)」に由来しています。 P!(ピッ)と使えて、とっても ine!(い~ね!)という意味もあり、これからも学生の皆さんに愛されるカードになるように、という想いが込められています。

Pineとぱいんこ

学内キャッシュレス

 大学内でのお支払いは、ほぼ Pine のみでご利用いただけます。

1. 在学証明書や成績証明書など、大学の証明書発行手数料(お支払いはPineのみ)

2. 生協食堂及びショップでのご利用(Pineのほか、現金でのご清算は可能です)

3. 学内の自動販売機(Pineのほか、現金でのご清算は可能です)

4. コピー(Pineのほか、現金でのご清算は可能です)

 Pine のご使用にあたっては、事前にカードにお金を入れる(チャージする)必要があります。通常は生協食堂・ショップのレジでお好きな金額を1000円単位でチャージすることができます。チャージ可能な上限金額は5万円です。

 ショップ・食堂店内や証明書発行機室に Pine チャージ機(千円専用)を設置しています。

Pine が使える場所

写真:食堂
写真:ショップ
写真:コピー機
写真:自販機
写真:証明書

生協食堂

(カルフール1F)

生協ショップ

(カルフール2F)

コピーサービス

(カルフール2F)

学内自動販売機

証明書発行機

(4号館1F)


 

昼休みも Pine の利用でレジもスイスイ!

 昼休みなどのピーク時には食堂・ショップもスムーズに利用してもらえるようにと一部のレジをPine 専用レジにしています。短い休み時間でも、よりスムーズにご利用いただけるようご協力をお願いします。

残高はレシートまたは自動販売機でもわかります

 Pine の残高は、レシートに記載されます。レジやチャージ機、自動販売機などでも確認できます。

残高不足は現金でお支払いください

 お買物の際、Pine の残高が不足した場合、不足額は現金でお支払いいただけます。友達の Pine などでお支払いはできません。(同時に複数のカードは使用できません。)

 なお、不足金額を現金にてお支払いの際に、1,000円未満の釣銭が発生した場合は、自動的にチャージさせていただきます。

ine(い~ね)ポイント

Pine を使えば貯まる

 食堂・ショップで対象商品をご利用の際、Pine でお支払いいただくことで ine(い~ね)ポイントが貯まります。(ミールカードとしてご利用の際にはつきません)

 10円利用ごとに1ポイントもらえ、1000ポイント貯まると100円分の Pine がチャージされます。

ine がつく商品とは

 食堂では、食堂メニューのほか、お菓子、ドリンク類を購入すると ine がつきます。

 ショップでは、文具・雑貨、お菓子、ドリンク類、お弁当、雑誌、書籍類が対象です。

※対象商品は生協の商品管理分類に基づきます。

2倍、3倍、5倍セール!?

 通常は10円で1ポイントですが、企画やセールなどでは、2倍、3倍…ともっとお得になるチャンスもあります。ぜひ、ご利用ください!

利用に当たってのご注意

盗難・紛失にご注意下さい。

 学生証は大切な身分証明書ですので大切に取り扱ってください。また Pine やミールカードなどの機能を兼ね備えているため、紛失や盗難には十分にご注意ください。Pine や ine の残高は新しいカードに移行できますが、第三者による不正使用があった場合は補償できません。紛失や盗難がわかった時は急いで生協にご連絡ください。生協では翌日からのカード利用を停止し、不正使用が発生しないよう対処します。

不正使用は許されません

 他の人のカードを拾得した場合は、速やかに大学までご連絡ください。万一 Pine 及びミールカードの不正使用を発見した場合は、利用停止及び大学へ報告することになっています。

もし紛失・盗難にあってしまったら…

1. すぐに生協に連絡を

 Pine 及びミールカード機能は、利用を停止することができます。紛失や盗難がわかった時点で、急いで生協へご連絡ください。ご連絡の翌日から Pine 及びミールカードは使えなくなります。なお、利用停止後の確定残高のみ、新しいカードに移行できます。

■ 紛失・盗難時の連絡先

 

松山大学生活協同組合 TEL(089)924-9262

 

平日9:30~18:00(短縮営業日などの場合は異なります)

上記以外でも、対応できる場合があります 。

2. 教務課で再発行の手続き

 学生証は大学のカードです。再発行の手続きは教務課にて行ってください。(再発行手数料2,000円)

 カードの再交付を受ける際に、教務課で証明書発行機の利用証明書を受け取ってください。

3. 生協でデータ登録

 再発行されたカードは、そのままでは Pine をご利用いただくことができません。カードと証明書発行機の利用証明書を持参のうえ、生協本部へお越しください。生協データと共に、Pine、ミールカード機能及び ine 残高を登録いたします。登録後は従来通りご利用いただけます。(ミールカードは登録翌日からとなります。)

松山大学生協 ICカード利用規則

第1条(定義)

1 この規則でいうICカードとは、ICチップを搭載した松山大学生活協同組合(以下「生協」という)の携帯用組合員証のうち、利用する当該組合員の情報が登録されたカードをいいます。
2 生協が、ICカードを利用して提供するプリペイド式電子マネーをPine(パイン)といいます。
3 Pineの利用促進とICカード組合員への利用還元を目的として、Pineの利用等に応じて付与するポイントをine(い~ね)といいます。
4 食生活習慣の自立形成等を目的に、生協が指定した期間及び指定した1日当たりの利用限度額の範囲内で、食事等の料金の支払いに利用することができる機能をミール機能といいます。

 


第2条(ICカードの登録)

1 生協のICカードは、松山大学が発行する学生証または職員証、生協が発行する組合員証、三井住友カード株式会社が発行するTuoカードのうち、生協が指定する1枚に登録することで機能します。
2 ICカードの発行を受け、これに組合員の情報の登録を受けた組合員をICカード組合員といいます。

 


第3条(ICカードの利用)

1 ICカード組合員は、この規則を遵守することを前提として、ICカードを利用して生協の提供するサービス、並びに生協が承認したサービス提供者の提供するサービスを受けることができます。
2 ICカード組合員は、生協の組合員でなくなったときは、この規則で定めるサービスを受けることができなくなります。

 


第4条(ICカードの紛失・盗難)

1 ICカード組合員がICカードの紛失・盗難にあった場合は、速やかに生協へ連絡し、所定の手続きを行うものとします。
2 ICカードの紛失・盗難その他の事由により生じた一切の損害については、ICカード組合員がこれを負担するものとします。

 


第5条(ICカードの再登録)

1 ICカード組合員がICカードの紛失・盗難・汚損その他の事由によりICカードの再発行を希望する場合には、ICカードの再発行を受けた上で、生協に再登録申請を行い、承認を得るものとします。
2 前項の再発行を受ける際、ICカード組合員は、発行者が定める再発行手数料を負担するものとします。

 


第6条(ICカード再登録時の残高移行)

1 ICカード組合員がICカードの再発行を受け、生協が再登録を行う場合において、再登録申請者がそれまで保有していたICカードにPine及びineの未使用残高があるとき、生協はその未使用残高を確定した後に、再登録されたICカードに当該確定残高を記録するものとします。
2 前項にかかわらず、ICカード再登録の申請原因が、ICカード組合員の故意の汚損等によるものと生協が判断した場合には、Pine及びine未使用残高の保証は行いません。

 


第7条(ICカード記載内容の確認)

ICカード組合員は、カードの発行または再発行を受けた際、直ちにカードの記載内容等を確認し、不備ある場合には遅滞なく生協に届け出るものとします。

 


第8条(個人情報及びプライバシー情報の保護)

生協は、ICカード組合員の個人情報及びプライバシーに関する情報を、生協が提供するサービスの円滑な利用以外の目的には使用しないものとします。

 


第9条(届出事項の変更)

ICカード組合員は、個人情報に変更が生じた場合には、生協に対して所定の届け出を行うものとします。

 


第10条(ICカードが利用できない場合)

ICカード組合員は次の場合にICカードにより提供するPine、ine、ミール機能等のサービスが利用できないことをあらかじめ承諾するものとします。
(1)ICカードの紛失・汚損によりICカードを利用できない場合(再登録を受けた場合は、再登録申請を行った営業日当日まで)
(2)生協のICカード対応機器の故障・停電等によりICカードを利用できない場合。
(3)生協の指定する店舗が営業していない場合(天災や学事による閉店を含む)
(4)生協がPineまたはミール機能により利用できないとする商品またはサービスの場合
(5)ミール機能において、ミール機能の契約が成立していない場合
(6)ミール機能において、利用期間または1日あたりの利用限度額を超えた場合(ただし超過額は現金またはPineで支払うことができます)

 


第11条(利用停止)

生協は、ICカード組合員が次の各号のいずれかに該当した場合、生協が提供するサービスについて、当該ICカードの利用を停止しその機能を喪失させることができるものとします。
(1)ICカード申込時等に虚偽の申告をした場合
(2)ICカードの券面上の記載の改変、並びにカード内に記録された電子データを改ざんした場合
(3)この規則に違反した場合
(4)ICカード組合員から、利用停止の要請があったとき(要請のあった日の翌日より停止)
(5)その他、ICカード組合員のICカード使用状況が適当ではないと生協が判断した場合

 


第12条(規則の遵守と違反時の損害負担)

ICカード組合員は、この規則を遵守し、この規則に違反することにより生じる一切の損害を負うものとします。

 


第13条(Pineの利用方法)

1 ICカード組合員は、現金を支払うことでICチップに入金額の記録を受け、その残高の範囲において、生協が指定する店舗及びICカード対応機器でPineによるサービスの提供を受けることができます。この際のPine利用に関する手数料は無料とします。
2 Pineの入金額に対する利息は、利用の有無、入金の期間を問わず、無利息とします。

 


第14条(プリペイド残高限度額)

生協は、Pine残高限度額を定め、これをICカード組合員へ公示するものとします。

 


第15条(返金)

Pine未使用残高は、ICカード組合員が脱退等の事由によりICカードの使用を停止し、生協に所定の手続きを行うことによってICカードを提示した場合を除き、返金しないものとします。この場合、生協はその未使用残高を確定した後に、所定の方法により返金を行うものとします。

 


第16条(ineの利用方法)

ICカード組合員が、生協の指定する店舗においてPineによる支払いを行った際に、生協が定めるポイント発生率によりineをICチップに記録し付与します。蓄積されたineは、生協が定める基準に達したとき、生協が定める変換率でPineへ交換し、ICカードに自動的に記録するものとします。

 


第17条(ミール機能の利用方法)

1 ICカード組合員のうち、この規則に合意の上、生協が定める利用料金の支払いと所定の契約手続きを行った者(以下、「ミール利用者」といいます)は、ミール機能を利用することができます。
2 ミール利用者は、ICチップに一日のミール機能の利用限度額等の記録を受け、その利用限度額の範囲において、生協が指定する店舗及びICカード対応機器でミール機能の提供を受けることができます。
3 ミール機能の利用料金に対する利息は、利用の有無、入金の期間を問わず、無利息とします。
4 ミール機能は、ミール利用者当人のみが利用できるものとし、当該機能を第三者への貸与・譲渡、他人の食事への利用等はできません。

 


第18条(ミール機能の利用限度額等)

生協は、ミール機能の利用期間、1日当たりの利用限度額、ミール利用で利用できる食事等の商品の範囲、その他ミール機能の利用にあたって必要な事項を定め、これを公示するとともに、必要に応じてミール利用者へ通知します。

 


第19条(払い戻し等)

1 ミール利用者が、ミール利用期間において、中途退学、休学、留学、傷病による長期入院等の事由により、1か月を超える長期にわたり大学への通学ができなくなった場合、生協は、申込者からの申請に基づき、カード未利用期間に相当する利用料金を払い戻します。
2 学事の変更や自然災害(落雷や台風を含む)により、追加営業や閉店、停電や機器類の故障によりミール機能が使用できない場合など、当初の営業日数の変更に伴う、利用者への利用料金の追加請求または払い戻しはおこないません。
3 第1項の払い戻しに関しては、月割りで算出するとともに1か月未満は切り捨てとし、原則として保護者の金融機関口座に振り込むものとします。

 


第20条(解釈及び改廃等)

この規則の改廃は、生協理事会において行います。また、この規則に定めのない事項及びこの規則の解釈に疑義が生じた場合は、生協理事会が決定します。

 


附則

 この規則は2015年4月1日から施行します

 松山大学生活協同組合

ページの先頭へ