松山大学生活協同組合
営業日程各種オーダーお問い合わせサイトマップ

就職・学習サポート

  1. ホーム
  2. 就職・学習サポート
  3. PC総合サポート

PC総合サポート

講座概要

 PC総合サポートは、教材パソコンKICSを活用する生協主催のパソコン講座です。この講座は「PCスキルアップ講座」「プレゼンテーション講座」「PC活用講座」「PCキャリアデザイン講座」の4つの講座で構成され、2年間かけて様々なスキルを習得します。ITスキルズで学習したPCスキルを基に、パンフレット、オリジナルムービー等の作品制作を通してPC活用力を習得していきます。また、グループ活動を中心とした講座運営を行っており、作品制作においてはグループ内でのディスカッションや共同作業、作品発表でのプレゼンテーションなどを通して、PC活用力を中心とした「社会人基礎力」の習得を目指した総合学習講座です。

 

各講座の目的

PCスキルアップ講座

 Word、Excel、Powerpointといった、Microsoft Officeの基本ソフトの学習を中心に行います。必修授業であるITスキルズで学習した内容を復習する事やそれらの知識をもとに作品制作を行うのなど、基本操作だけにとどまらず、応用力を習得することを目的としています。

プレゼンテーション講座

 グループで題材を決めて、プレゼンテーションを作ります。プレゼンテーションは、パソコンを使って発表を行いますが、発表内容をつくるためにグループで統計や取材を行うなど、準備から発表までの様々な体験を通して、プレゼンテーションに必要なスキルや経験を得ることを目的としています。

PC活用講座

 ゼミ活動、就職活動は3年生から本格的に始まります。一般の大学生は2年生の終わり準備を始めますが、前期から準備、学習をすることで、他の学生よりも優位に活動をスタートできます。先輩の体験談をもとに、ゼミ活動や就職活動に必要なPC活用方法の習得を目的としています。

PCキャリアデザイン講座

 キャリアデザインとは将来の人生設計を表します。1年後に始まる就職活動に向けて「なぜ働くのか」「どのように生きるのか」を問いかける講座です。この講座を通して、就職活動が始まるまでの1年間をどのように過ごすのか、将来への目標設定と行動計画を作ることを目的としています。

 

開講期間

・PCスキルアップ講座 1年次前期(4~7月)
・プレゼンテーション講座 1年次後期(10~12月)
・PC活用講座 2年次前期(5~7月)
・PCキャリアデザイン講座 2年次後期(10~12月)

 

講座スケジュール

2015年度PC総合サポート前期講座日程

2015年度PC総合サポート後期講座日程

 

受講料

49,800円

 

よくある質問(PC総合サポートFAQ)

Q.
PC総合サポートで学ぶ社会人基礎力とはどんな力ですか?
A.

社会人基礎力とは、経済産業省によって「職場や地域社会の中で多様な人々と共に仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力」として定義された能力を指します。

その内訳は以下の3つの能力を指し、12の要素から成り立っています。

「前に踏み出す力(アクション)」 主体性、働きかけ力、実行力

「考え抜く力(シンキング)」 課題発見力、計画力、創造力

「チームで働く力(チームワーク)」 発信力、傾聴力、状況把握力、柔軟性、規律性、ストレスコントロール力

PC総合サポート(以下PCSS)では、パソコンをツールとして、これら社会人基礎力の習得を目指しています。

経済産業省・社会人基礎力のページ

Q.
ITスキルズとPC総合サポートの違いは何ですか?
A.

どちらもパソコンを使用する講義ですが、一番の違いは学習形式です。

ITスキルズは講師の説明に沿ってPCスキルを学ぶ座学形式であるのに対して、PCSSでは、グループでの課題解決によって学習する実学形式で行います。

PCSSで社会人基礎力を身につけられるのも、このグループ活動によるところがポイントです。

Q.
PCSSを受講するにはどうしたらいいですか?
A.

講座を受講するためには、松山大学が指定している教材パソコン「KICS」を購入しなければいけません。

また、推薦されている学部生である必要があります。2004年開講以来経済学部、経営学部のみ受講対象でしたが、 2010年度より人文学部も受講対象となりました。

したがって・・・

1. 経済学部、経営学部、人文学部の学生であること

2. 教材パソコンKICSを購入すること

以上2つの条件をクリアしていれば受講することが可能です。

法学部、薬学部の学生さんには申し訳ありませんが、受講することはできません。

Q.
PCSSはKICSを購入しなければ受講できないのですか?
A.

そうです。残念ながらKICSを購入しなければ受講することはできません。

それでもPCSSを体験したいという方は、毎年後期に募集していますPCアドバイザーにエントリーしてみませんか?

講座運営に携わることで、PCSSを受講する以上の体験を得ることができますよ!!

Q.
PCSSではどのようなサポートサービスがありますか?
A.

一番のサポートは、学生アドバイザー制度です。講座ではグループアドバイザー(以下GA)として、各グループに1人の先輩が担当し、グループワークや学習活動のサポートを行います。また、GAと受講生という学生同士が教え、学びあう関係が、授業やゼミ、資格講座など、PCSSに留まらない、大学生活全般のサポートを実現しています。

また、毎年4回生のGAが企画する『就職活動報告会』では、4回生の体験談だけではなく、卒業したOB・OGも参加しています。

これらの活動を通して、社会で働くことのむずかしさや、それぞれの業種に必要なスキルや知識、大学生活で何をすべきかが明確になり、受講生が描いている夢を実現するためのサポートに取り組んでいます。

Q.
学生アドバイザーとはなんですか?
A.

学生アドバイザーとは、松山大学生協が取り組んでいるインターンシップ参加生を指し、全て松山大学の現役学生で構成されています。学生アドバイザーは、毎年80~100名の学生がこの取り組みに関わっており、その中で、PCSSを運営するアドバイザーを「PCアドバイザー」と呼んでいます。

松山大学生協の指導のもと、学生が、学生ならではの視点で講座カリキュラムを作成することで、大変分かりやすく、興味を持続できる内容で構成されています。アドバイザーになるためには採用試験に合格しなければいけません。合格した後も、半年にもわたる厳しい研修を受け、パソコンの操作技術はもちろんのこと、優れた教材を作り「教える」ためのテクニックを身につけています。

Q.
講座の時間帯はいつですか?
A.

講座は大学の授業が終わった後の放課後に行います。時間は17:45~19:15の90分間です。

Q.
他の資格講座も受けたいのですが、受講曜日が重なってしまいました。どうしたらいいですか?
A.

PCSSは受講者皆さんのご都合に合わせて、1年間に1度だけ受講曜日を変更することが可能です。過去にも講座を掛け持ちしていた先輩はたくさんいます。学内講座はITパスポート、ファイナンシャルプランナーなど多種多様な講座があり、そのどれもが放課後のほぼ同じ時間帯で行います。講座の受講曜日が重なった場合は、受講曜日を変更することができますので、随時ご相談ください。

Q.
部活の大会で講座を欠席するのですが、補修などはあるのでしょうか?
A.

やむを得ない事情でお休みをされる場合は、事前に担当のグループアドバイザーに連絡をしてください。授業の空き時間等を利用して、後日改めて講座の学習内容指導や課題提示をおこないます。

Q.
PC総合サポートの教材を先に頂くことはできますか?
A.

教材は4月に開催されますガイダンスもしくは初回講座で配布をいたします。

Q.
講座受講を辞退したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A.

PCSSは他の学内講座と違って、受講生本人の意思で申し込みをしているわけではございません。ほとんどの受講生が保護者の方々と相談したうえでお申し込みをいただいております。受講を辞退する際には、受講生ご本人と保護者様の同意が必要となり、書類手続きが必要となります。受講初年度の4月中であれば、受講料は全額返金とさせていただきますが、4月を過ぎますと、講座受講登録が完了したとみなし、受講を辞退することはできません。 ただし、退学・休学等のような特別な事情がある場合に関しては、別途ご相談ください。

Q.
この講座を受講すると単位は取れますか?
A.

この講座は経済学部、経営学部、人文学部から受講推薦はいただいておりますが、正規授業とは異なります。したがって単位には含まれません。(2010年3月現在)

松山大学生協キャリアサポートのFacebook

松山大学生協キャリアサポートの公式Facebook

 

 

ページの先頭へ